日々のニュースの感想を中心にいろいろ書いています。毒舌が多めなのは仕様です。"シム宇宙" についてはプロフィールを参照。
FC2 managemented FC2 managemented
<<ここまで伝わらないものなのだろうか(玉石オマニー その4) | シム宇宙の内側にて | 当blogの過去記事をピックアップ>>
この記事のコメント
そのご意見、賛同しかねる。
2ちゃんの該当スレから参りました。
関連記事を読ませていただきました、概ね同意です。
ただ、当エントリー、「もしさくらちゃんが亡くなったときには、あなたにも責任がある、という事実」
これには納得できませんね、何故?無学な私のために理由をお示しくだされば幸いです。
そしてその責任とはどういう形で負うおつもりですか?できることならこちらも合わせてお示しください。
両親には十分な資産があり、その気になればすぐにでも資金を工面して渡米できるはずです。
それをしないのはさくらちゃんのご両親、と救う会、そしてトリオジャパンです。
仮に、ある人の死を願ったとして、それが叶えばそれを望んだ人にも責任があるという、これは言霊の世界です。
そもそも、私を含め、多数の意見は「そんなに手術が必要なら、さっさと資産を処分して渡米せよ」だと思います。
ご両親、救う会、トリオジャパンの行動はさくらちゃんのための最善の(とされている)方法を逆に妨げているようにさえ思えます。

まぁ、問題提起としての「釣り」なんでしょう、ブログはアクセス数、コメントがついてナンボですから。
2006-10-09 Mon 17:52 | URL | 2ちゃんねるから参りました。 #kLoia8aY
そういう意見もあるとは思うのですが
そうですね。最低限「命の選択をしている」という認識は必要だと思います。ただしあくまで「命の選択」であり「死の幇助」ではないと思われます。

これはトニ…音羽さんの記事のコメントに既に出ていた意見ですが、『一人の命がかかっているというのは間違い。とりあえず三人だ。一人はさくらちゃん。もう一人は提供者の子供。三人目は…さくらちゃんが繰り上がらなければ先に提供を受けることが出来る別の子ども』というものに由来します。

提供者の子どもについては当然現時点で治療の余地が無い子供が提供者でありましょうから、ここには選択の余地も何も無いと考えられます。問題はさくらちゃんと誰とも知らない提供待ちの子どもとの関係で、ゆえに死の幇助ではなく命の選択と考えられます。

仮に「募金が遅れてさくらちゃんに提供されなければ、彼女が死ぬ上に金額を満たす”落札者”が現れなかった提供者の臓器は廃棄される」というならこれは死の幇助と言えましょう。しかし現実としてはさくらちゃんが遅れればおそらく別の誰かに提供されることでしょう。つまり

:提供される臓器が不足している
:金額を満たさないと臓器が廃棄されるわけではない
:カネの工面に成功した者が現れると、おそらく順番が入れ替わる

これらの要素から「命の選択」ではないかと思われた次第です。そういう意味で命の選択をしている覚悟は、必要でしょう。

(´-`).。oO(まあいけすかない奴の子どもよりは誰とも知らない”おそらくは富豪の”子どもの方がマシに決まってるゴルァ!とか言われたらどうにもならないかもしれませんが)
2006-10-09 Mon 18:16 | URL | 白痴公爵 #-
不毛
>なんびとも一島嶼にてはあらず、
>なんびともみずからにして全きはなし、
>人はみな大陸の一塊、本土のひとひら
>そのひとひらの土塊を、波のきたりて洗いゆけば、
>洗われしだけ欧州の土の失せるは、さながらに岬の失せるなり、
>汝が友どちや汝みずからの 荘園の失せるなり、
>なんびとのみまかりゆくもこれに似て、
>みずからを殺ぐにひとし、
>そはわれもまた人類の一部なれば、
>ゆえに問うなかれ、
>誰がために鐘は鳴るやと、
>そは汝がために鳴るなれば

…上記は皆様ご存じのジョン・ダンの詩ですが、まぁ要するにこの辺に尽きるかと。

根拠だの責任だの覚悟だのと格好つけてみても、結局それは1つの立ち位置から自分を合理化して、納得させて、正当化しているだけに過ぎません。
世界を狭くて、固くしているだけ。
個人の精神世界や論理はそれで保たれるのでしょうが、それは現実世界にとって、さくらちゃんにとっても同じ病を抱える他の子供にとっても何ら関係(影響)のない話です。

fw0氏が本当に「責任を感じながら」この記事を書いているにしても、あるいはそのセリフが全くのポーズや単なる自己正当化論理であったとしても、それでさくらちゃんにも我々にも全く現実的影響や変化はない。そしてその事にfw0氏が現実的責任を取る事も(おそらく)ない。

ですから、死の幇助だの責任だのと高尚且つ調律者風なセリフをふっかけられても、現状不毛であると感じざるを得ません。

確かにマスゴミや一部ネットをはじめとした言論者の横暴を見ていると、しばしば「無責任だ!」「覚悟と気概を持て」と叫びたくもなりますが、重要なのはそれ以前の段階の「認識・認知」と「想像力」でありましょう。
…というわけで冒頭の詩をあげさせて頂きました。
私は地球市民だの、グローバリゼーションだのは大嫌いですが、今回の件のおそらく全ての立場の人にとって当てはまるものかと。
2006-10-09 Mon 21:02 | URL | 湯葉 #eLnC4.eo
みなさん、ご丁寧なコメントをありがとうございます。
こちらのエントリにつきましては、後ほど真意を書かせていただきたいと思います。

平日なのでちょっと時間がかかるかもしれませんが、ご容赦を。
2006-10-10 Tue 02:26 | URL | fw0 #-
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-10-11 Wed 19:46 | | #
私も不同意
反対派の行為が募金を減速させたとは
思えないので不同意。ネットで祭になることで
マスコミに取りあげられ、あるいはネット自体で
もより多くの人が目にすることになったために、
募金の集まりは加速されたように見えるのですが。
これは結果論ではなく、ネットでの祭の性質から
普通に予見されることではと。

後は命の選択の問題と、募金の成功によって
生じる臓器提供者不足(一人)が
どのような影響を与えるのかの予見可能性
の問題(臓器提供の圧力が強まるか、あるいは
外国人排斥の圧力が強まるか、あるいは日本に
おける臓器提供の圧力が強まるか。三番目を
除きこのケースの影響は微々たるものであるような
気がする)かと。
2006-10-23 Mon 06:57 | URL | wao #16FrC0Qg
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL (spam対策のため、拙blogへのリンクが存在しないエントリからの
トラックバックは自動的に削除されます。)

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| シム宇宙の内側にて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。