日々のニュースの感想を中心にいろいろ書いています。毒舌が多めなのは仕様です。"シム宇宙" についてはプロフィールを参照。
FC2 managemented FC2 managemented
<<どんどんアメリカに近づいていく日本 | シム宇宙の内側にて | 「つくる」ことが常に善とは限らない>>
この記事のコメント
理神論の神はリスクヘッジをしていた?
TBどうもです。
>しばらく待って希望通りにいかなかったら、その宇宙は破棄してもう1度新しく宇宙を作り直す、なんて事をしているかもしれません。
この下りには思わずニヤリとさせられました。
投資家は大抵複数の投資先にヘッジを行うものですが、理神論の説く神が全知全能でないなら、やはり失敗に備える必要はありますよね。
理神論にしろID論にしろ、それを考え出すと神の全知全能性を否定しなければならなくなるという罠です。
実は「宇宙は一つであるとは限らない」というのもまたID論者が避けたがる問題なんですよ。
彼らは結局のところ「特別な存在である人間」を言いたいだけなので、それを否定するようなものは全て否定しないと収まらんのです。

ところでこれ、本当にそう思います?
>科学的にID論を主張しようとしている人や、ID論の宗教的意図を隠そうとしている人にとっては、反論にならないどころかむしろ都合の良い意見である気が

「ID論の宗教的意図を隠そうとしている人」=「神の全知全能性をIDに託して主張したい人」な訳で、
そういう人が「ID論の神はしょぼい」と認めてしまうのは自分の信仰を否定するようなものです。
そして本当に純粋に「科学的にID論を主張」しようとしている人間にとっては(そんな人は未だに見たことがありませんが)デザイナーがしょぼかろうが凄かろうが何の関係もない訳で、やはり役に立ちません。
というかID論は最初から無数の構造問題を抱えているので科学になりえないのです。
http://blackshadow.seesaa.net/article/14644617.html
どこら辺を都合がよさそうと思われましたか?


ちなみに一応宗教的バックボーンを持たないID論信者(ニューエイジ系の人とか)もいることにはいますが、数も少ないしIDの活動に対する理論的貢献もないので、私はほとんど無視しちゃってます。
2006-06-12 Mon 00:09 | URL | 黒影 #JalddpaA
コメントありがとうございます。

『順列都市』では、コンピュータ(正確には "処理能力" ですが)を買うお金が無くて、リスクヘッジどころか、心行くまで宇宙を観察していることさえも許されない、ひもじい神様の苦悩が描かれていて面白いですよ。
ID論者が多世界解釈にも否定的、とは初耳でした。普段からマイナス思考気味の私としては、なぜそこまで自分たちの特別さを信じられるのか、彼らにその根拠の無い自信の出所を聞いてみたいものです。

さて、ご質問の件ですが、これは私がID論者についてあまり詳しく知らないために出てくる意見なのかもしれません。

私は、産経の例の記事を読んで「ID論自体は否定できないが、こいつらとは相容れない」と思ったクチです。さすがにあれだけトンデモ意見を連ねる人がID論の第一人者であるかのように報じられると、ID論者に対する不信感がID論自体に対する不振へと変わってしまいそうですが、このような「坊主にくけりゃ袈裟までにくい」的発想には注意を要すると思っています。「もしかしたら、私と同様にあのトンデモ記事に憤っている、まともなID論者もいるかもしれない」という可能性は捨てきれないわけですから。

かといって、「まともなID論者は存在しないことを示せ」なんて悪魔の証明を他人に求めるわけにもいかず、また私自身もそれほど暇じゃないので自分でそんなID論者を見つけ出すこともできなかったので、「ID論賛成派の意見を伺ってみたいところです」とさせていただいた次第です。

都合がよさそうと思った点については例え話で。まずありえないとは思いますが、私が将来、ID論に対する何らかのポジティブな証拠を発見してID論を主張することになったとします。そのとき、「進化論は完璧である」と主張する極端な進化論者に「ID論は宗教だ」とステレオタイプな手法でけんかを売られた場合、「こんな不出来な神様を主張する宗教があるわけないだろ!!」と反論できるかな、と思いました。私自身が宗教的な神様を信じていないことは事実なので信仰の否定は問題ありません(「隠す」という表現は、もともと持っているように読めますからよくなかったですね。失礼。)し、また、狂信的ID論者の否定とID論の否定を取り違えている進化論者が、上記の批判を向けてくることは十分考えられますので。

現時点で、ID論者の中にそのような真っ当な科学者がほとんどいないということは、個人的にはちょっと残念に思います。
2006-06-12 Mon 14:13 | URL | fw0 #-
なるほど。
丁寧に答えていただきありがとうございます。
>あのトンデモ記事に憤っている、まともなID論者
ID論者ではないキリスト教徒の友人であの記事に憤っていた人なら数人いました。
人によってはID論にシンパシィを感じるキリスト教徒もいるようで、友人は「あんなペテンに引っ掛かるなんて!」と、たいそうご立腹でした。
ID論はシンパも大して多くないし、論者論客となると日本ではほとんど絶滅危惧種です。
さらに「まともな」となると果たして見つかるかどうか。
何せ日本の第一人者があれですから。
ちょっとトンデモ度が高すぎるのでまともな人は離れていくのではないかと思います。

>現時点で、ID論者の中にそのような真っ当な科学者がほとんどいないということは、個人的にはちょっと残念に思います。
ID論とはまったく関係のないところでなら、地球の生命の誕生や進化に対する地球外生命の介在の可能性を真剣に検討する科学者もいますよ。
科学者は基本的にSFが大好きですから。
ただ、まともな人はトンデモと同列視されることを避けるため、軽々しく口に出したりしませんし、本音もバックも透けて見えるIDに組することもありそうにないと思います。
2006-06-12 Mon 19:41 | URL | 黒影 #JalddpaA
私はリアルでも知人に議論吹っかけたりしますので、軽々しく口に出し過ぎですね。でも、その動機は実は「トンデモを支持しているから」ではなく、「自らトンデモを主張して反論を受けることで、科学に対する理解をより深めたいから」だったりします。科学的なコミュニケーションの一手段としてのトンデモ主張、というわけです。反感を買うこともありますが、勉強になることも非常に多いため、なかなかやめられない悪癖です。

ID論についてはいつか自力でいろいろ調べてみたいと思ってはいるものの、なかなか時間が取れずに断念しているため、ID論についてよくまとまっている黒影様のサイトには大変お世話になっております。今後ともいろいろ勉強させていただくことになると思いますので、どうぞよろしくお願いします。
2006-06-13 Tue 13:17 | URL | fw0 #-
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL (spam対策のため、拙blogへのリンクが存在しないエントリからの
トラックバックは自動的に削除されます。)

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| シム宇宙の内側にて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。