日々のニュースの感想を中心にいろいろ書いています。毒舌が多めなのは仕様です。"シム宇宙" についてはプロフィールを参照。
FC2 managemented FC2 managemented
<<トンデモニュース2つ | シム宇宙の内側にて | 私の嫌いな歌>>
この記事のコメント
ども! ありがとうございます! 社会にでてひ弱なところを叩きなおしてきます。(^^; お互い何かを成しましょうぜ!!

前回のコメント、お待たせしててすみません。もういちど自分が何を伝えたかったのかだけを書きたいのですが、いちいち反論したくなる癖が治りません。何が言いたいのかわからないのは書きたくないので、もうすこし、どういうボールを投げようか考えます。

さてさて、このトピについては、いちいち反論したいところはあるのですが、肩慣らしがてら感想までにて。

前半部。これはfw0さんとの議論からだけというわけではないのですが。いろんなところで耳にします。

自分の主観のせいで客観的なものの見方ができなくなる、というのは、科学者としては最も注意すべきことでしょう。それは、議論をする場でも同じことだと思います。

と同時に、自分の身近な存在について理解することは、すべての出発点だと思っています。これはおっしゃるとおり正しいとか間違っているとかいうものではないと思います。拠って立つところがないのがただ怖いだけなのかもしれません。それが私のスタンスです。

自分の経験にとらわれて客観的な判断ができなくなるのは注意しなければなりませんが、客観的な物の見方ができなくなることを恐れて、身近なことに目を背ける、あるいは、知ったつもりになってしまうのことも、気をつけなければならない陥りやすい落とし穴ではないのかな、と思うわけです。

ここからは私も考えがまとまっていないのですが、政治、政策の議論をするときには主観は一切排除すべき、という考えも、よく考えてみると何か違和感を感じてしまいます。民主党の官僚出身の議員さん方に感じてしまうのと同じような。。。

「既得権益」という言葉は悪の権化のように使われているようですが、政治と言うのは、いかに利益を配分するか、という側面もあると思います。そして、そのパイが少なくなっていく時代においては、いかにマイナスの利益を配分するか、ということになるのだと思います。

その最適配分を議論する際に、「自分の言っていることは既得権益の擁護ではないか」として主観を排してしまうのは、いささか人がよすぎるのではないか、と思うわけです。政治の場は、パイの奪い合いの場ですから。。。ここはまだしっかりとまとまり切れていないのですが。。。

以上が第一点について。

二つ目のトピについて。

自民党の政策にただ節操なく反対するだけの野党になってはいけない、というfw0さんの主張はごもっともだと思います。しかし、自民党と同じことをやっていても、なんのための野党だ、ということになります。ここが私も整理がついていないところなので、あのような奥歯に物がはさった書き方になっていたのですが。。。

自民党という党はいい意味でも悪い意味でもすごい政党で、野党の政策でいいところを常に自分のものにしてきた印象があります。それだけ懐が広いといえばそうなのですが、節操がないといえばそうなるのかもしれません。

今回の小泉政権は、民主党のとっていた政策の先をいき、党内の「抵抗勢力」を排除して自民党の原点に返ったということでしょうか。いわば、党内で政権交代をやってのけた、という印象があります。民主党は政権担当能力のなさだけをさらけ出しており、手の届くところにあった政権は自民党がよほどのエラーをしないかぎり手に入らないところまで逃げてしまったといえるでしょう。

農村部では強固な候補者個人の基盤をもつ自民党が、都市型政党として生まれ変わることで都市部でも雪崩現象を起こす、というのは、至極当然の流れでしょう。選挙戦略としても最善の策だと思います。

しかし、このまま民主党が自民党と政策における違いを見出せないまま選挙が行われて、民意がちゃんと反映されるのか、という点では問題が残るのではないでしょうか。選択肢がいわゆる「都市型政党」の政策しかなく、その選挙結果で「都市型政党」の政策が是認された、というのは、どうなのか、ということが言いたいのです。

前原さんは「改革競争」路線ということで、小泉さんのさらに先をいこうとしていたようでした。政治の世界というのはつねに「改革」がなされるていく世界であると習いましたが、その「改革」の方向は必ずしも一方向ではない。

小泉改革を進めることでよくなるところもあれば副作用も出てくる。その副作用に対処できるような処方箋を用意するのもまた「改革」のひとつではないかと思うわけです。それを選ぶのは、整備された選択肢を提示された国民ということになるのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、私の言いたかったことは、民主党は自民党と同じことをしていても仕方がない。政権党が進める政策で問題が出てくればそれを改善する手立てを提示するのが野党の役目ではないか、ということです。

そのために民主党がとるべき戦略は、小泉政権と同じ方向を向いて改革を競い合うのではなく、小泉改革による副作用が致命傷にならないような手当を提示する、ということになるのではないでしょうか。民主党も自民党と同じく、いやもしかしたらそれ以上に幅が広いわけですから。。。(´`;

以上、また長くなってしまいました。だめだなぁ。。。すみません、まだまだ原稿があるので、あとはまただいぶあとで。。。
2006-03-17 Fri 02:45 | URL | Higa #-
> お互い何かを成しましょうぜ!!
おう!!


> もういちど自分が何を伝えたかったのかだけを書きたいのですが、いちいち反論したくなる癖が治りません。
反論は歓迎ですよ。また、書き忘れのないようにお願いします。

あと、私がちょっと前に書いた
http://fw0.blog37.fc2.com/blog-entry-137.html
↑このエントリに誤解を招きそうな文章があったので、念のため訂正しておきます。このエントリの最後で私が「この件に関しては朝日新聞の勝ちでしょうね」と書いたのは、朝日新聞が先に手を引いたからではありません。建設省側が救いようのないミスを犯しているからです。もし、朝日新聞が建設省側のミス発言も引き出せないまま先に手を引いていたら、「議論に負けるわ尻尾巻いて逃げ出すわで良いとこなし」と評価します。


と、話がそれましたので元に戻して前半部。

> 客観的な物の見方ができなくなることを恐れて、身近なことに目を背ける、あるいは、知ったつもりになってしまうのことも、気をつけなければならない…
すでにある程度知っている時点で、目を背けていることにはなりません。また、知ったつもりになってはいけないからと言って、すでにある程度知っていることばかりに目を向け、知らないことを新たに学ぶ機会を失うことは、もっと気をつけるべきではないでしょうか。人生は有限なんですから。
私は、「人間が一生を費やして何かを学んだところで、所詮その何かについて知ったつもりになっているだけ」だと思います。知ったつもりでいいじゃないですか。その知ったつもりになれることを少しでも増やすことができれば。科学はともかく、政治の世界では『狭く深く』と言うわけにはいきませんからね。

「考えがまとまっていない」とおっしゃる部分について考える際に、以上の意見も思い起こしていただければ幸いです。続いて後半。


> その副作用に対処できるような処方箋を…
「副作用に対処できるような処方箋」に基づいて処方された薬にも副作用があることをお忘れなく。例の議論でも、私は、Higaさんの処方薬のほうが、私の処方薬よりも副作用が大きい…どころか致命傷を与えるものだと思っているから反論しているわけです。

また、純粋に『票稼ぎ』という政治戦略の面から考えても、「民主党も生まれ変わらないといけないはず」とは言えないと思います。こちらをご覧ください。

ダウンジアンモデルで見る郵政総選挙(上)/二大政党の政策が似てくるわけ
http://d.hatena.ne.jp/kanryo/20051001

ダウンジアンモデルで見る郵政総選挙(下)/やっぱり民主党の位置取りの問題
http://d.hatena.ne.jp/kanryo/20051002

Higaさんの考える『生まれ変わった後の民主党』は、この考え方の元で選挙に勝てますか?
私は、現時点でも民主党は『民意』より遥かに田舎寄りの政策を打ち出しており、このままでは郵政選挙の二の舞になりかねないと思っています。

天下りやら談合やら、自民党任せでは絶対に解決しない問題が山積みの今、民主党にはなんとしても政権交代を目指してほしいと思います。だからこそ、「都市型政党」云々に関して民主党は生まれ変わるべきではなく、むしろ自民に同調すべきです。本当の争点は他にあります。


最後にもう1つ。コメントが長文になる場合はトラックバックでお願いします。せっかくの興味深い議論をコメント欄で行うのはもったいないです(ただし、「ゆとり教育ならぬ… 3」については、お互いいろいろ書きにくい部分もあると思いますのでコメント欄でもOKです)。

また、発言に責任を持つ、と言う意味でもコメント欄での議論は避けるべきでしょう。↓こんなこともできちゃいますしね(名前に注目)。
2006-03-20 Mon 22:45 | URL | 偽Higa #-
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL (spam対策のため、拙blogへのリンクが存在しないエントリからの
トラックバックは自動的に削除されます。)

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| シム宇宙の内側にて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。